ハゲ 遺伝 母方

薄毛・脱毛は正しい育毛剤とマッサージシャンプーで治る!20歳若く見える頭髪実現法

皮膚医学、毛髪科学、生理解剖学、東洋医学の観点から数々の薄毛・脱毛患者を救ってきた立場から正しい頭皮ケアの方法を紹介します。

ホーム » なぜ薄毛や脱毛が起きるのか? » ハゲの遺伝は母方家系からだけではない

ハゲの遺伝は母方家系からだけではない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 2分

senshokutai

父親や祖父が禿げている人は遺伝すると言われ、以前から多因子性の優性遺伝であるとされてきました。

 

その後の研究により、男性型脱毛症の原因遺伝子は、母親からのX染色体にある男性ホルモンの受容体遺伝子により受け継がれることから、父親や父方の祖父が禿げている状態よりも母方の祖父が禿げている方が危ないとされてきました。

 

ところが2008年に男性ホルモンを介する経路とは無関係と思われるDNA塩基配列の変異が20番染色体で見つかりました。

 

受容体遺伝子とこのDNA変異が両方ともある特定タイプの場合、両方とも違う場合に比べて男性型脱毛症の発症確率が7倍も高かったと、ネイチャーで公表されています。

 

ですから一概に、母方からの遺伝が原因であるとは言えなくなりました。DNA変異がどの遺伝子にどんな影響を与えるかはまだ不明ですが、これを突き止めることができれば発症メカニズムの解明が進み、遺伝子治療の可能性も夢ではなくなってくると期待されています。

 

そして、まだまだ他にも発症の因子があると考えられています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
育毛専門家【ネオハゲ】プロフィール

47歳IT業界に努めるハゲリーマン。41歳に、まだまだイケているイケメンと思っていたが、前頭頂部の根元の頭皮が透けて見え始めた・・。危機感を抱く中、あることに気づき実践。徐々に元の状態に生い茂った!その後、自分の毛髪復活の経験を活かし、育毛コンサルタントとして全国から多くの悩み相談、アドバイスを行っており、150人の悩めるハゲ男性、ハゲ予備軍男性の声を聴いてきました。当ブログでは私自身が経験した脱毛と、脱毛を克服した施策を中心に、育毛に関する有益な情報を提供していきたいと思っています。

育毛ジャンルカテゴリー
最近の投稿