ハゲの原因 脂

薄毛・脱毛は正しい育毛剤とマッサージシャンプーで治る!20歳若く見える頭髪実現法

皮膚医学、毛髪科学、生理解剖学、東洋医学の観点から数々の薄毛・脱毛患者を救ってきた立場から正しい頭皮ケアの方法を紹介します。

ホーム » ハゲの原因 » 脂~ハゲの原因05~

脂~ハゲの原因05~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 8分

ハゲの原因は脂だった?

これもかなり奥深いテーマです。

 

イメージ的には想像しやすいですよね。

 

ハゲでテカテカ。

 

逆に、剛毛の人で頭皮や額が四六時中テカテカしていうるというのはあまり見かけませんね。

 

このテカテカですが、正体はもちろん皮脂腺から分泌される脂の事です。

 

さて、この脂が問題です。

 

何が問題なのかというと、人によってこの脂が原因でハゲるという人もいれば、脂で毛が抜けることはないと断言する人もいます。

 

傾向的には、育毛・発毛グッズ・サービスを提供する側は脂で毛が抜ける派で、医者などは比較的脂では毛は抜けない派と言ったところです。

 

たしかに、何かの宣伝でよく目にする毛根部分に脂が詰まった拡大写真を見ると何となく毛の生育には邪魔な存在に見えてしまいます。

 

では、私の考えを述べましょう。

 

一言で言えば、「過剰な脂だけはいらん!」という事です。

 

なんだか、あまり白黒ハッキリしない回答で申し訳ございませんが、どうもこと髪になると白黒で決着がつかないことばかりなのです。

 

「過剰な脂だけはいらん!」の意味を説明しましょう。

 

まず、そもそも何で脂が分泌するのかを考える必要があります。

 

前にも触れましたが、皮脂腺から分泌される脂は、本来髪と皮膚に潤いを与えるオイルとしての大切な役割を果たしています。

 

同時に、外部からのばい菌などの進入を防ぐ防御的役割を担っています。

 

したがって、まず根本としては生態の生存維持のために脂の分泌が必要となります。

 

そして、同時にもともと自然に分泌するものなので、脂の成分等により毛が抜けるというのも考えにくい話です。

 

ただし、何ごともバランスが大切で、体質的に脂の分泌が必要以上に過剰な人にとってはやはり考え物です。

 

というのも私自身が明らかに脂性で、脂の分泌が明らかに過剰だからです。

 

はっきり言って、「髪はどのくらいの頻度で洗えばいいの~★」なんて、たわごと言っている場合じゃありません。

 

毎日洗わないと、翌日にはベットベトでとても生きた心地がしません。

 

頭全体にエンジンオイルをぶっ掛けたような最悪の心地です。

 

ですから、ここまでになると本能的に髪の成長にも良くないと確信するのです。

 

皮膚呼吸は人間の場合、全体の約0.6%たらずなので、たいした影響はないかも知れませんが、いずれにせよ皮膚呼吸は不可能に近い状態でしょう。

 

よって、過剰に分泌される人にとっては、やはり脂の出すぎは良くないと考えます。

 

また、育毛剤を使用する際は、いかに育毛剤の成分を毛根まで届けるかが重要になってくるので、頭皮が脂で覆われていたら妨げになることが考えられます。

 

この場合は、何も分泌される脂に限らず、リンス成分やトニック類も同等に扱われ、育毛剤塗布にとってはいずれも邪魔者です。

 

とういう訳で、”テカテカしている人”で特に脂の分泌が過剰な人にとっては余分な脂は落とすべき対象となります。

 

しかしながら、ここで十分注意していただきたいのは、脂をハゲの諸悪の根源のように敵視しないことです。

 

このようなイメージでいると、”脂は大敵!”的切り口で商売を行う育毛・発毛グッズ・サービス関係の思う壷だからです。

 

肝心なのは余分な脂分を落とすべきときに落としておいておけばいいだけの事です。

 

落とすべき時とは、即ち、夜寝る前の事です。

 

このときしっかりと余分な脂を取って、育毛剤の十分な浸透と、睡眠時に過剰な脂分さえなければ、しっかりと髪は成長するはずなのです。

 

しっかりとした脂の取り方は後でお伝えしますよ。

 

ちなみに、脂なんてものは一時根こそぎ落としたとしても、自然の摂理として、それを補うように再度脂は分泌されるのです。

 

逆に、これによって脂の分泌癖がつく可能性も否めません。

 

女性向けのお肌の書籍などを読んでみると、潤いのある美しい肌とは適度な水分と適度な脂分のある肌との事です。

 

そして、余計な脂だけは脂取り紙で適時そっと取り除く程度が良いとの見解が示されていましたが、私もそれ位が正しいと思います。

 

まとめてみると、脂は悪の根源ではない!過剰に分泌する人は、落とすべきときに落として、あとはそんなに神経質になる必要はない!脂性だからといってハゲに直結するものではない!という事です。

 

ちなみに、この脂の過剰分泌ですが、私の経験からすると生まれつきの体質の他にも、普段の食生活にもかかわるものと言えます。

 

もともと脂性の私が色々と試してみたところ、夜のジャンクフード、日々の食事で脂っこい料理をいくらか控えるだけでも、頭皮の脂の分泌は減少します。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL   
育毛専門家【ネオハゲ】プロフィール

47歳IT業界に努めるハゲリーマン。41歳に、まだまだイケているイケメンと思っていたが、前頭頂部の根元の頭皮が透けて見え始めた・・。危機感を抱く中、あることに気づき実践。徐々に元の状態に生い茂った!その後、自分の毛髪復活の経験を活かし、育毛コンサルタントとして全国から多くの悩み相談、アドバイスを行っており、150人の悩めるハゲ男性、ハゲ予備軍男性の声を聴いてきました。当ブログでは私自身が経験した脱毛と、脱毛を克服した施策を中心に、育毛に関する有益な情報を提供していきたいと思っています。

育毛ジャンルカテゴリー
最近の投稿