毛細血管 抹消神経 顆粒細胞 コラーゲン

薄毛・脱毛は正しい育毛剤とマッサージシャンプーで治る!20歳若く見える頭髪実現法

皮膚医学、毛髪科学、生理解剖学、東洋医学の観点から数々の薄毛・脱毛患者を救ってきた立場から正しい頭皮ケアの方法を紹介します。

ホーム » 髪が生えるメカニズム » 毛のありか~髪の生えるメカニズム01~

毛のありか~髪の生えるメカニズム01~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

抜け毛を気にする男性

いきなり少々硬い話になってしまいますが、やはり育毛の為に髪について多少正しい知識を身につけておくことは何かとプラスになります。

 

という訳で、髪の基礎知識を簡単にまとめておくことから始めます。

 

まずは髪がどんな風に頭皮から生えているのかを見てみましょう。

 

まずは髪が皮膚の中からどんな風に生えているのか?毛根のまわりはどんな風になっているのか覗いて見ましょう。

 

 

まず、第一に注目してもらいたいのが毛根のまわりには毛細血管と抹消神経が網の目状にはりめぐらされているということ。

 

つまり、髪の育成には血液の正常な流れと(血が良い状態として)、正常な神経系の働きが重大であることが推察されます。

 

第二に覚えておいてもらいたいのが、皮膚というのは大きく分けて体の表面側にある”表皮”と、その内部にある”真皮”という二層構造で成り立っていると言う事です。

 

少々専門的になりますが説明していきます。

 

図を見比べながら目を通していってくださいね。

 

具体的に言うと”表皮”は細胞が密に重なり合っていて、最も下側の基底膜の細胞が分裂を繰り返し、有棘(ゆうきょく)細胞→顆粒細胞と変化し、最終的には死滅して体の表面の角化細胞となって、体の表面に瓦のように重なりあって人間の体を守る保護膜の役割を果たしています。

 

皮膚からフケや垢がでるのは、表面の角化細胞が脱落したものとなります。

 

この様に、皮膚は常に生まれ替わっていて約1ヶ月で入れ替わっています。

 

”表皮”の下側にある”真皮”は髪の毛の根の部分に当たる”毛包”が存在する層の部分でゼリー状となっています。

 

このゼリー状の正体は”細胞外マトリックス”と呼ばれ、その主成分はおなじみの”コラーゲン”といわれるタンパク質です。

 

この部分には細胞はまばらにしか存在しておらず、コラーゲンの中に点在する線維芽細胞が絶えず新しいコラーゲンを作り出しています。

 

またこの他にも先に触れたように毛細血管や抹消神経が網の目状にはりめぐらされています。

 

以上の様な環境下に毛の根の部分である”毛包”が存在していることをここでは覚えておいてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL   
育毛専門家【ネオハゲ】プロフィール

47歳IT業界に努めるハゲリーマン。41歳に、まだまだイケているイケメンと思っていたが、前頭頂部の根元の頭皮が透けて見え始めた・・。危機感を抱く中、あることに気づき実践。徐々に元の状態に生い茂った!その後、自分の毛髪復活の経験を活かし、育毛コンサルタントとして全国から多くの悩み相談、アドバイスを行っており、150人の悩めるハゲ男性、ハゲ予備軍男性の声を聴いてきました。当ブログでは私自身が経験した脱毛と、脱毛を克服した施策を中心に、育毛に関する有益な情報を提供していきたいと思っています。

育毛ジャンルカテゴリー
最近の投稿