毛包の数 毛の数)

薄毛・脱毛は正しい育毛剤とマッサージシャンプーで治る!20歳若く見える頭髪実現法

皮膚医学、毛髪科学、生理解剖学、東洋医学の観点から数々の薄毛・脱毛患者を救ってきた立場から正しい頭皮ケアの方法を紹介します。

ホーム » 髪が生えるメカニズム » 毛の数~髪の生えるメカニズム05~

毛の数~髪の生えるメカニズム05~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

抜け毛を気にする男性

 

毛の数はおよそ10万本と言われています。

 

良くわからない数ですが、東京ドームが満員(5万人)になったときの1人ひとりの客が1本1本の毛と思えば、そのちょうど倍の数が10万人になるので、まあそんなものかな~とも思います(わかります?)。

 

よって、毛の発生サイクルでも説明しましたが、仮に10万本の頭髪があるとすれば、9万本が成長中で、1万本が休止期(お休み中)、1000本が退行期になっている計算です。

 

休止期が3ヶ月(90日)とした場合、1万本/90日=111本/日の毛が自然に抜ける計算が成り立ちます。

 

また、休止期が6ヶ月(180日)とした場合は、1万本/180日=56本/日の毛が自然に抜ける計算です。

 

これより、個人差もあるでしょうが、日々自然に抜ける毛の本数は50~100本前後が正常となります。

 

ちなみに毛包の数(即ち毛の数)は多少のバラつきはあるもののほぼ一定と考えられるので、いわゆるハゲで薄くすけて見えるというのは実は毛の本数が少なくなったのではなく、通常の毛が細くなって(毛乳頭が小さくなって)、結果として透けて、薄く見えるという訳です。

 

相当ハゲが進行している人もよくよく見ると産毛状態の毛は残っているということであり、確かに観察してみるとその通りです。

 

ですから私のように細く、弱々しい髪でもの人でも、剛毛でタワシの様な人でも、毛の本数ではあまり差がない筈で、仮に私の髪が太く、強くなればきっとタワシの様に見えるはずです。

 

但し、先ほども述べましたが毛の太さは毛乳頭の大きさで決まり、このもともとの大きさはほぼ遺伝的要因で決まってしまうようなので仕方のないことになってしまします。

 

いずれにしても、太くても、細くても、産毛でも、その本数には大差がないということです。

 

この事は我々迷える子羊経達にとっては希望の光とも思えます。

 

何故ならば、そこには小さいながらも毛包、すなわち毛乳頭及び毛母が存在しているという事です。

 

この折角存在している毛乳頭及び毛母を如何に今まで以上に活性化させるかがキーとなってきます。

 

この辺は、後々詳しく触れることにします。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL   
育毛専門家【ネオハゲ】プロフィール

47歳IT業界に努めるハゲリーマン。41歳に、まだまだイケているイケメンと思っていたが、前頭頂部の根元の頭皮が透けて見え始めた・・。危機感を抱く中、あることに気づき実践。徐々に元の状態に生い茂った!その後、自分の毛髪復活の経験を活かし、育毛コンサルタントとして全国から多くの悩み相談、アドバイスを行っており、150人の悩めるハゲ男性、ハゲ予備軍男性の声を聴いてきました。当ブログでは私自身が経験した脱毛と、脱毛を克服した施策を中心に、育毛に関する有益な情報を提供していきたいと思っています。

育毛ジャンルカテゴリー
最近の投稿