発毛サイクル 成長期 退行期 休止期

薄毛・脱毛は正しい育毛剤とマッサージシャンプーで治る!20歳若く見える頭髪実現法

皮膚医学、毛髪科学、生理解剖学、東洋医学の観点から数々の薄毛・脱毛患者を救ってきた立場から正しい頭皮ケアの方法を紹介します。

ホーム » 髪が生えるメカニズム » 毛の発毛サイクル~髪の生えるメカニズム04~

毛の発毛サイクル~髪の生えるメカニズム04~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 8分

抜け毛を気にする男性

さて、毛の仕組みがだいたいイメージできる事ができたと思います。

 

次に育毛を考える上で十分理解しておかなければならない、”毛の発毛サイクル”についてです。

 

まず知っておいて頂きたいのが、毛は抜けても正常に機能していれば、また再び毛が生えてくるという事です。

 

ですから毎晩シャンプーした時などに毛が抜けて寂しい気がすると思いますが、これはたまたまその毛の発毛サイクルの”休止期”に当たるもので、自然に抜け落ちたものです(あまり目にはしたくないですが…)。

 

正常に機能していれば、抜けた部分からはまた毛は生えてくるのです。

 

だいたい、鼻毛、耳毛、眉毛、パイ毛(オッパイからモニョっと生えてるやつ)などは抜いても抜いても必ず生えて来ますよね。

 

それと同じように頭髪も生えてくるのです。

 

まずは、この事をよく理解して無用な心配はしない事。

 

単なる無知で精神衛生上、しいては髪に悪影響を与える程愚かな事はありません。

 

では毛の発毛サイクルが具体的にどんな風になっているのかを見ていきましょう。

 

手のサイクルは3つの段階に分かれます。

 

1.成長期→2.退行期→3.休止期→1.成長期→…というサイクルです。

 

では、それぞれの状態について順に説明してゆきましょう。

 

1.成長期

 

毛が成長している状態です。

 

頭髪の約9割(90%)は毛の成長にあり、その成長期間は3~6年と言われています。

 

2.退行期

 

成長期が終わりに近づくと退行期に移ります。

 

まず毛乳頭が萎縮し、これにより毛母細胞の分裂が止まります。

 

そして小さくなった毛乳頭を置き去りにして、徐々に毛根が表皮側へと移動してゆきます。

 

退行期の毛は頭髪の約0.1割(1%)で、その期間は約3週間と言われています。

 

 

3.休止期

 

次に休止期に移ります。

 

この段階では毛母細胞も毛乳頭細胞も完全に活動休止状態となります。

 

休止期の髪は抜けやすく、根元がこん棒状となっています。

 

ですから、シャンプーなど髪をいじっている時に抜ける事が多くなります。

 

ちなみに抜けた毛を見てみて、その毛根部分がこん棒状になっていれば、それはその毛がちゃんと成長した上で休止期に入ったものと言えるので正常な活動です。

 

ちなみに毛根がこん棒状でなく細長くスっと途切れていたり、ギザギザしていればその毛は成長期の途中で何らかの原因により抜けた事となり、何らかの不具合が発生していると言えます。

 

この休止期は頭髪の約1割(10%)で、その期間は3~6ヶ月と言われています。

 

 

1'.成長期(初期)

 

さて、ここからが不思議であり、最も大切な工程です。

 

休止期がしばらく続くと、今度は何故か小さくなった毛乳頭が表皮側に引き寄せられて皮脂腺の下側にある膨隆部付近まで近づきます。

 

そうすると、膨隆部の付近に存在している幹細胞が刺激され毛母細胞に変化して、近づいてきた毛乳頭を包み込むのです。

 

そして新たな毛球が再度形成され、新たな毛の成長が始まります。

 

毛球自体も下側に移動してゆき成長期に本格的な移行します。

 

なぜこの様な動きをするのかは今のところ解明されていません。

 

生命の神秘と言ったところでしょうね。

 

 

 

以上の様な発毛サイクルが繰り返されている訳です。

 

通常は休止期を終えて再び成長期に移行した毛の太さは、前回の周期に作られた毛の太さとほぼ同じになります。

 

しかし、男性型の脱毛及び加齢による脱毛の場合は再生されて出来た毛が以前に比べて徐々に細くなり、結果的に薄く感じるようになるのです。

 

これらの変化は成長期の途中では起こらず、新たに再生された毛の段階で起こるのです。

 

従って、通常は1本の毛で部分的に太かったり細かったりということはありません(放射線などに起因するものを除く)。

 

つまり、育毛活動によって、既に生えている毛が途中から太くなって全体的にボリューム感が出たり、コシが強くなるという事は考えづらいのです。

 

育毛活動がすぐに効果が現れないのもこのためで、効果がでるのは、休止期であった髪が再び確実に生まれ変わるか、そしてどれだけ前回と同じ太さで生えてくるかという事にかかっていると考えられます。

 

さて、このサイクルのだいたいの感じはつかめたでしょうか?では、この様な毛のサイクルを繰り返している毛の数はどのくらいあるのでしょうか?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL   
育毛専門家【ネオハゲ】プロフィール

47歳IT業界に努めるハゲリーマン。41歳に、まだまだイケているイケメンと思っていたが、前頭頂部の根元の頭皮が透けて見え始めた・・。危機感を抱く中、あることに気づき実践。徐々に元の状態に生い茂った!その後、自分の毛髪復活の経験を活かし、育毛コンサルタントとして全国から多くの悩み相談、アドバイスを行っており、150人の悩めるハゲ男性、ハゲ予備軍男性の声を聴いてきました。当ブログでは私自身が経験した脱毛と、脱毛を克服した施策を中心に、育毛に関する有益な情報を提供していきたいと思っています。

育毛ジャンルカテゴリー
最近の投稿