薄毛 脱毛 マッサージシャンプー スカルプケア 育毛剤

薄毛・脱毛は正しい育毛剤とマッサージシャンプーで治る!20歳若く見える頭髪実現法

皮膚医学、毛髪科学、生理解剖学、東洋医学の観点から数々の薄毛・脱毛患者を救ってきた立場から正しい頭皮ケアの方法を紹介します。

ホーム » ハゲ改善体験談 » 

ハゲが進行した原因が判明!過度な糖質摂取が頭皮に悪影響を及ぼしていた事実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 3分

頭皮に悪影響を及ぼす糖質(ラーメン)

こんにちは。ネオハゲです。

 

今日は私が30代後半に陥った前髪ハゲから復調した方法をお伝えします。

 

実は38歳の頃、一時期急激に秋口から冬にかけて頭皮が透ける事態が発生しました。

 

一瞬何が起きたかわからないくらい進行していて、原因を探るべく自分の生活リズムを見直しました。

 

すると、ある事実が判明したのです・・・。

 

それは「糖質制限を止めたこと」。

 

実はその2年前から半年前までモテたくて、糖質制限をしていました。

 

セフレが一人できそうな時期で、嫌われたくない一心で、軽い筋トレやストレッチをするともに、長年放置していたダラシナイ体を改善すべく、白飯やパン、うどんなどの小麦を取らない生活をしていました。

 

体重も減り、ホルモンバランスも改善され、たるんだお腹も引き締まり、体重は68Kg→64kgになりました。

 

見事、というか強引に彼女をホテルに押し込んでコトを済ませましたが、やはり嫌われていないかどうかが心配で、あの手この手で彼女を気持ちよい状態にしようと頑張っていました。

 

ところが、月一回のペースでホテルでセックスするようになってからは、ちょっと油断して、大好きな糖質(ごはんやラーメン)を夜寝る直前でも平気で食べるようになりました。

 

それからが大変。

 

今思えばこれが原因だったと思うのですが、体重の増加とともに前髪が透け始めたのがこのころです。

 

会社に行く前に玄関で靴ひもを結ぶときにふと見た鏡に自分のハゲがまるまると映っていたのでした。

 

怒りと焦り・・・。

 

でも気づいたんです。

 

過度な糖質と不規則な睡眠が頭皮に悪影響を及ぼすことを・・・。

 

体外に排出されない皮脂が頭皮に付着することで頭皮の血行が悪くなって、髪の毛が細くなっていく。。。

 

私はこの事実を再確認し、糖質制限をまた始めました・・。

 

すると、見事に髪の生成サイクルが改善し、また元通りに髪の毛が増えてきたんです。

 

これからもこの時の教訓を生かして、糖質制限を続けていこうと思っています!

育毛専門家【ネオハゲ】プロフィール

47歳IT業界に努めるハゲリーマン。41歳に、まだまだイケているイケメンと思っていたが、前頭頂部の根元の頭皮が透けて見え始めた・・。危機感を抱く中、あることに気づき実践。徐々に元の状態に生い茂った!その後、自分の毛髪復活の経験を活かし、育毛コンサルタントとして全国から多くの悩み相談、アドバイスを行っており、150人の悩めるハゲ男性、ハゲ予備軍男性の声を聴いてきました。当ブログでは私自身が経験した脱毛と、脱毛を克服した施策を中心に、育毛に関する有益な情報を提供していきたいと思っています。

育毛ジャンルカテゴリー
最近の投稿