薄毛 脱毛 マッサージシャンプー スカルプケア 育毛剤

薄毛・脱毛は正しい育毛剤とマッサージシャンプーで治る!20歳若く見える頭髪実現法

皮膚医学、毛髪科学、生理解剖学、東洋医学の観点から数々の薄毛・脱毛患者を救ってきた立場から正しい頭皮ケアの方法を紹介します。

ホーム » アーカイブ

粃糠性脱毛症と脂漏性脱毛症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

皮脂の詰りと乾燥が毛根を傷める

「粃糠性脱毛症」は、頭皮に多くの乾性のフケが発生し、毛穴が詰まったり頭皮が荒れることによって起こる脱毛症です。

 

毛穴が詰まると代謝が悪くなり、十分に成長する前に抜けてしまい、生え変わるたびにだんだん細くなります。

 

粃糠性脱毛症の対策は乾性のフケ対策に準じ、洗髪方法と食生活の見直しで、たとえば次のようなものです。

 

◯シャンプーの使用を2日に1回にし、シャンプーしない日はぬるま湯で洗う。

◯シャンプーをアミノ酸系シャンプーなど刺激の少ないものにする。

◯シャンプー後のすすぎを十分に行い、オイル分の補給や保湿を心がける。

◯ドライヤーによる急激な乾燥や、紫外線を避ける。

◯頭皮の環境を整えるビタミンA、ビタミンB群を摂取する。

 

「脂漏性脱毛症」は、皮脂の過剰分泌による脱毛症です。

 

べたついたフケが発生し、前頭部、頭頂部だけでなく、側頭部、後頭部などの髪も脱毛してしまうことが多いです。

 

日本人男性の30%以上に、この脂漏性脱毛症の傾向がみられるといいます。

 

脂漏性脱毛症は、洗髪回数が少ない、シャンプー剤やリンス剤が合わない、血行不良、脂っぽいものや肉類中心の偏った食生活により、皮脂が過剰に分泌されて毛穴が詰まったり、細菌により炎症が発生する、などの理由で起こります。

 

脂漏性脱毛症の対策としては、洗髪方法や食生活の次のような見直しが大切です。

 

症状が重い場合や、悪化している場合は、医師の診断を受けるようにしましょう。

 

◯シャンプーで皮脂を取り除く。頭皮を傷つけないよう、また皮脂の摂りすぎに注意する。

◯アミノ酸系シャンプーや殺菌剤含有のシャンプー剤に替える。

◯育毛剤を使用し、マッサージにより、頭皮の血行を良くする。

◯偏食を止め、バランスの良い食事にする。

◯ビタミンB2、ビタミンB6などを摂取し、皮脂の代謝を促す。

◯糖分・脂肪分・コーヒー・アルコールなどを控える。

◯ストレスの解消を心がける。

 

これらのうち、できることから実行してみることが必要です。

 

以上、ここまで脱毛症の種類について、細かく説明してきました。

 

脱毛の原因はさまざまですが、脱毛を引き起こす誘因に対しての予防や処方については、初めに述べたように、普段から健康な生活とスカルプへのケアが大切であることは、脱毛症の種類を問わないところがあります。

 

そこで次に、脱毛や育毛対策のケアやトリートメント法について詳しく見ていくことにしましょう。

育毛専門家【ネオハゲ】プロフィール

47歳IT業界に努めるハゲリーマン。41歳に、まだまだイケているイケメンと思っていたが、前頭頂部の根元の頭皮が透けて見え始めた・・。危機感を抱く中、あることに気づき実践。徐々に元の状態に生い茂った!その後、自分の毛髪復活の経験を活かし、育毛コンサルタントとして全国から多くの悩み相談、アドバイスを行っており、150人の悩めるハゲ男性、ハゲ予備軍男性の声を聴いてきました。当ブログでは私自身が経験した脱毛と、脱毛を克服した施策を中心に、育毛に関する有益な情報を提供していきたいと思っています。

育毛ジャンルカテゴリー
最近の投稿